えりあしと私

またいつか月下の淡い光の元で