えりあしと私

またいつか月下の淡い光の元で

「お前ら絶対裏切らないから」で田中樹さんに落ちた話

 

 

Summer Paradise 2018 SixTONES公演  7/30 

 

自分とはかけ離れたところにいると思っていた、絶対に手を伸ばすことは無いと思っていた、そんな人に人生で初めて現場落ちしてしまったとある健人担の夏の話

 

 

 

※ポエムです

 

※ただの備忘録で、内容はこのタイトルに集約されていることを細かく書いているだけです!

 

 

f:id:a11kty:20180805225427j:image

 

今年のサマパラはSexyZoneからジャニーズJr.へと受け渡され、昨年健人くんのソロコンに行けてよかったなと思う反面、やっぱり寂しいなぁと思っていた頃、大学の北斗担の先輩から「スト一緒に行かない?」と声をかけてもらいました

SixTONESはまるっとみんな好きで、特に推しはいないけれどAmazingとかジャポニカとか知ってるー!好きー!レベルでしたが以前からSixTONESのライブに行ってみたかったこともあり、連れて行ってもらうことに!わーい!

 

 

ワクワクが終わり夏の予定が全くなかったのでサマパラを心から楽しみにしていて、スト担の友達に私も行くんだ〜!なんて話したり、誰に落ちると思う?なんてキャッキャしたりして7月30日を待っていました。今考えるとキャッキャしてねえで覚悟決めとけよ私!!!!

 


以前少年収の観覧に行った時に、JAPONICA STYLEの京本くんがかっこいい!!と帰ってきたので周りの友人たちからは「きょも落ち」「ストに落ちないと思うけどもし落ちるなら京本or北斗」なんて言われていたので(その2択しかなかった)、京本くんに落ちるつもりで行きました。

 

京本くんに落ちるつもりで行きました。(2回目)

 

 

とても呑気である


開演して早速、SixTONESにとってTDCってめちゃめちゃ狭くない?と思いながら、そんな風に思わせてくれるSixTONESをこの距離で見れるなんて贅沢な空間だな〜〜!!!!と楽しんでいました。

最初は京本くんを中心に見ながら6人全員かっこいい〜〜とその迫力に圧倒されて
このまま京本くんのこと好きになって帰るかなと思い始めた頃に、私の本能が何故か樹さんのことを気になり始めていて。
(もうこの時点で惹かれてたのかなぁとも思うし、手遅れだったと思うけど)
でも絶対に田中樹には落ちないという謎の自信があって、ストの中だったら一番落ちない人だと思って公演に向かったので、気のせいかな〜なんてのんびり見ていました

 

 

OP終わって大事件が起こったのはSixTONESの代表曲『Amazing!!!!!!』でした

 

マジでこれは声を大にして言いたいんだけどスト担はもっとAmazing!!!!!!の凄さを伝えていくべき!!!!ちゃんと警告すべき!!!!この世の女全員落ちるまでなんて時間の問題だから!!!!!!!!!!!

 

 

少クラで何度も再生し、死ぬまでに一度は生で観たいと思っていたAmazing!!!!!!、イントロで私のテンションが爆上がりしていて

 

 

ここからはもう自分でも何が起こったかわからないんですけど

「お前ら絶対裏切らないから」で田中樹さんに落ちました

 

 

このパートを聞いた時に、私が樹さんに落ちる音がしたというか、もう私が樹さんに落ちたことを認めざるを得ないような感覚になって、今私この人に落ちたんだな、と。

 

いろんな現場落ちがあると思うけど私の場合、何が起きたかわからないけどそういう論理よりも先に、今私は田中樹に落ちた、ということを脳が把握した、みたいな。もう何言ってるかわからない!

今までテレビで何度も聞いていたし、もちろん樹さんの存在だって知っていて、セクゾ横アリ見学や少年収で実際に姿を見ていたし、あの時は京本くんがかっこいいと帰ってきたのに、歌もダンスもビジュアルもストの中だったら他の人の方が好きなのに、なぜか私が落ちたのは田中樹さんでした。※落ちた後はもう何を取っても樹さんが好きです…

「お前ら絶対裏切らないから」の衝撃がどれほど強かったかというとその後に続く「Hey give me give me そう your heart くじけるなよ Don't let me down」も樹さんパートであり裾を捲り上げたり腰を振ったりとんでもないことをしているのにほぼ記憶から飛ばされているほどです。なんならAmazingは「お前ら絶対裏切らないから」しか覚えていないくらい。

 

その後も「お前ら絶対裏切らないから」の衝撃でまともにペンラを振ることもできず、ただただ立ち尽くすのみで、この後樹さんのソロラップ来るのマジでやめてほしかった(ありがとう最高でした)

席が上手側で樹さんの正面くらいだったので息をするのも忘れそうなほど樹さんを見つめるしかできなくなりました


連れて行ってくれた先輩が北斗担なので私も一緒にペンライトは白をつけていて、個人のメンカラを知らなかったのでソロのたびに隣にいる先輩から色を教えてもらっていたのですが、「次は青だよ」と言われて変えた青からもう白に戻すことができなかった

それから樹さんのことばかり目で追って公演が終わり、頭の中はもちろん樹さんのことばかりで、私は田中樹さんにここで「出会ってしまった」んだなと思いました

 

公演後足元がおぼつかない中で先輩についてきてもらいグッズ売り場に到着、当然の成り行きとも言えますね、樹さんのアクリルスタンド購入完了!!!(ほぼ無意識)


公演での出来事を簡潔にまとめると「お前ら絶対裏切らないから」でわけもわからず樹さんに落ちたというだけの話でした。

 

 

 

さて公演後、先輩に樹さんに落ちたと伝えると「なんで樹?」と返ってきたり、私のツイート等を見た友達からものすごい勢いで「え、樹?」「樹?!?!」「嘘よな?」みたいなLINEがめちゃめちゃ届いたり、私を見送ってくれたスト担に連絡したら「は?」としか返ってこなかったり、周りのみんなが私よりびっくりしてて笑った

私が一番驚いてるわ!!!!!

 

 


本当に、樹さんは私の好きなタイプとはかけ離れているし、なんというか手が届かないとかいうレベルではなく私が手を伸ばすことも樹さんに手を伸ばされることも絶対にないだろうなと思っていて。私の人生の中に田中樹さんが入ってくるなんて私も友人もまっっったく予想していなかった

今まで何人かに沼落ちしてるけど、個人的にはその時出会うべく人だったんだなと思う出会いしかなかったから今回が異例すぎて大混乱で…

 

きっと本来はこうやって出会うはずじゃなかった人、でも、今回先輩に声をかけて頂いたことだったりちょうど私が行ける日程が当たったりもっと多くのたくさんの偶然とタイミングが重なって「出会ってしまった」んだなと思う

あのタイミングであの公演の「お前ら絶対裏切らないから」以外では落ちなかったと思うくらい私と樹さんが出会うことが考えられないから。

 

ただ、絶対ジュニアには手を出さないと決めていたのに…………本能で樹さんのこと気になり始めた段階で脳が警報を鳴らしてくれていたのに…………手を出すどころか頭から突っ込んだ。悔いはないです。

公演後私が樹さんに落ちたことが信じられなさすぎて一時的なものかも…と思ったけれど落ちてから約1週間経った今も更に加速して樹さんのことを好きになってる。なんたって今まで「樹」って呼んでたのに今もう「樹さん」としか呼べないからな!!!!!


このままどんどん落ちていったら私はもう樹さんから逃れられないんじゃないかなぁという気持ちがあるし、実質健人くんしか追っていなかったからこのまま健人くんだけを追い続けたい気持ちもある。

でも、もう、樹さんの未来を見ずに生きていける自信がない。

だから、今がどれくらい続くのか分からないけれどこの好きが続く限りは田中樹さんのことを応援したい!という気持ちが精一杯。

 

 

 

 

 

公演の記憶を引っ張り出しながらあらゆるコンテンツ(少クラ風磨ソロコンYouTube)を見ているうちに、樹さんってめっちゃ笑う人なんだなとか、樹さんってド真面目な人なんだなとか、樹さんってギター弾くの?!?!とか、たくさんの発見があってそんなことをしているうちにとっくに戻れないところまで来ていて

 

現場落ちの辛いところって、普通は好きになって楽しみに楽しみに楽しみにしてコンサートに向かうのにその場で落ちるから好きになった時にはもう次の現場がないんですよね。わたしの現場落ちは少年たち申し込みに間に合わなかったし…(普通に泣いた)(一生悔やみそう)


でも現場落ちの良いところって、落ちてから一番最初に入ってくる情報が自分の目で見るその人の姿なんですよね

例えばテレビを見て誰かを好きになって、入ってくる情報って本人そのものだけの情報(色んなパフォーマンスとか)ももちろんあるけど、そのグループが好きな友達の話だったりファンのブログやツイートだったり、他の人経由で入ってくる情報がかなり多いと思うんです
その点現場落ちだと、落ちてから他の人を一切経由せずにその場で自分の中に入ってくる
これってすっっごい貴重な経験なんだろうなと現場落ちしてから気づきました

 


まあでも現場落ちはマジで威力が凄すぎてしばらく心臓が落ち着かないし何もないところで転ぶしお腹が減らないし全く眠くならないしバイトでミス連発するしせっかく免許センターまで行って試験受けたのに衝撃が収まらなくて本免落ちるしおススメしない(現場落ちから数日以内に本免受けないほうがいい)(これはマジ)(その後ちゃんと受かったから伝説として語り継げるけど試験類は危険)

 

 

 

 

まだ心が落ち着かないくらい衝撃の沼落ちだし樹さんのどこが好き?って聞かれても答えられないけど、樹さんに惹きつけられてしまった事実には変わりないのでこれからも好きでいたい

もうすっかり樹さんとSixTONESが大好きになってしまった。スト担の友人たちから樹のオンナと呼ばれてしまっている。(本当に照れる)

 


誤解を招いてしまう言い方かもしれないけど、以前は樹さんを見てこの人アイドルじゃなくてもやっていけそうなのになんでアイドルなんだろうって思ってた。けど、サマパラに入って樹さんはなんでこんなにアイドルなんだろうと思ったし、かと言ってアイドルの型を生きるでも爆モテを生きるでもなく「田中樹」を生きる田中樹さんが死ぬほどかっこよくて惚れてしまった

 

知識ほぼゼロだったからチャラそうでオラオラして怖そうなイメージだった樹さんが、こんなにも笑う人だってこと、こんなにも色んなこと考えてること、6人のまとめ役のような位置にいること、こんなにも真面目で、こんなにもSixTONESのことが大好きだってこと、今まで何も知らなかった。知ってしまった。

 

MCで話していることが分からなくなった時に、こうやって私のように予備知識ゼロの人がいることや会場にいる全員がファンだとは限らないことをちゃんと分かっている上で補足して誰1人置いていかないようにフォローしてくれたところ。ちゃんと分かっている上で全員ファンにして帰そうぜ!という意気込みが見えるところ。SixTONESのパフォーマンスに自信があるところ。SixTONESでいることに誇りを持っているところ。公演中、何も知らない樹さんの色んな面が垣間見えたときに私は何かの覚悟を決めたのかなと思う

 

 

きっと出会うはずじゃなかった田中樹さんと「出会って」しまって、惚れてしまって、こんなことって本当に起きるんだね


まだまだ知らない樹さんがたくさんいて、まだまだ知らないSixTONESがいて
樹さんの元に飛び込んでしまった、出会ってしまった縁を大切にしていたい

 

最後の曲と\SixTONES!!!!!!/が終わって真っ先に捌けていった樹さんは、またすぐ会えるよ、と伝えているように見えたから

また樹さんに、SixTONESに会えますように!会いに行きたい!

 

その時はもっと私のことを落としてくれるのかな、なんてね


2018.8.5 あろ  

@__15riri スト担さんのお友達ができたらいいな!

 

 

 

p.s.

次、樹さんについてブログを書くことがあれば樹さんじゃなくて樹くんと呼べていたらいいなぁ